Zwift(ズイフト)でバーチャルライドを始めよう

zwift_topZwift(ズイフト)は、美しい3Dの風景の中を世界中のサイクリストと一緒にロードバイクの練習ができる「ソーシャルサイクリング」アプリです。

随時追加される様々なコースや、本格的なワークアウトメニュー、走るごとに貯まるポイントでバイクやウェアが選べるなど、飽きさせない工夫がいろいろされています。(FTP計測なんかもメニューに用意されています。)

月10ドルかかりますが、50kmの無料トライアル(14日間有効)がありますので、まずはこれで試してみましょう。

走っている時の画面はこんな感じ。

今同じコースを走っている人が右に一覧されます。世界中の人が!

今同じコースを走っている人が右に一覧されます。世界中の人が!

登りはスピードも遅くなって本当に登っている気分に。 対応のローラー台を使うと、負荷も自動的に変動します。

登りはスピードも遅くなって本当に登っている気分に。
対応のローラー台を使うと、負荷もコースに合わせて自動的に変動します。

集団で走ることも。後ろにつくと負荷も軽くなるとか。。 コースもいろいろあって、ここは海の中のトンネルです。

集団で走ることも。後ろにつくと負荷も軽くなるとか。。
コースもいろいろあって、ここは海の中のトンネルです。

 

やっている人はこんな感じです。

12814596_989873741092611_5919914829668922753_n

 

Zwiftを始めるには?

zwift_set
最低限必要なのが、

  • パソコン
  • ANT+対応のスピードセンサー(ケイデンス・ハートレートセンサー等もあればなおよし)
  • ANT+受信機
  • ローラー台(固定でも3本でもOK)

の4つです。

ANT+対応のスピードセンサーは、ガーミンやキャットアイを使用している方であれば、対応している可能性が高いので、ここはクリアー。

パソコン、ローラー台も持っている方が多いと思いますが、問題なのは「ANT+受信機」です。これはほとんどの人が持ってないはず。

これが何者かというと、「ANT+対応のスピードセンサー」のデータをパソコンで受信するためのものです。実物はこちら。

ant_jyushin

これ、USBに挿す受信機なので、実物はかなり小さいです。
いろんなメーカーのものがあるようですが、ガーミンのものだと4,230円(2016/4/10現在)でした。

ガーミン フィットネス機器用 USB ANTスティック 並行輸入品

 

Zwiftをパソコンにインストール

Zwiftをインストール

 

機材が揃ったらいよいよ、Zwiftをパソコンにインストールしましょう。

無料トライアルページから、「今すぐダウンロード」をクリックします。
(WindowsかMacに対応しています。②が自分のPCのOSにチェックが入っているのを確認します)

ちなみに、人が走っているのを見るだけなら、パソコンだけでも大丈夫です。

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックして、ソフトをインストールします。

インストール中にアカウント作成画面が表示されますので、名前メールアドレスパスワード(同じのを2カ所に入力)誕生日を入力して、「NEXT」をクリックします。

download2

 

次に、性別(Gender)体重(Weight)身長(Height)国旗(Flag)を入力します最初体重や身長が英語表記なので、「Display Units」で「METEIC」を選択すると、kg、cmの表記になります。

download3

アプリを起動して、ログインすると以下の画面が表示されて、アプリが起動します。

start1

 

ANT+受信機やANT+対応のセンサーを検索して認識したものは青く表示されます。
認識されない場合は、すこしペダルを回す、アプリを再起動するなどしてみましょう。

start2

 

はい、Zwiftの世界へようこそ。
ペダルをこいで画面内の自分が反応すればOK!

start3

アプリ内にもさまざまな機能、スマートフォンアプリとの連携、対応ローラーを利用すると負荷もコースに合わせて変化するなど紹介したい機能がいろいろありますが、私も最近始めたばかりなので、また追々ご紹介します。

雨の日はみんなでZwiftライドしましょう!

 

 

 

 

 

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA