6月18日(日)の練習報告

トラブルの際はみんなで対応

本日は近場を精力的に、妙見山を目指しましました。

国道「芋峠」にて

まずは老いの坂を下ったところで、
チェーン外れのトラブル。
チェーンがインナーギアの内側に落ち込んで
膠着状態のため、インナーを外して対処します。

次いで、頼政塚で両輪同時パンク。
みんなでリカバリーに協力します。

前後輪同時パンクは珍しいです

3度目はバイクの側面追突による落車事故でした。

場所は加塚交差点で、集団は左折しますが、
最後尾のメンバーが離脱して直進したところ、
「左折するもの」として後続バイクも左折しようとした
ため、よもやの右側側面からの追突落車となりました。

交通事故の大半は「思い込み」が原因ですが、
後続車は常に、前走者がどのような動きをするのか、
予測して走行することが求められます。

老ノ坂を登ります

今回、後続車が車間距離を保てば、事故はなかったわけで、
逆の立場にならないよう自戒したいと思います。

湯ノ花に向けて快走します

被害に遭ったメンバーは、一命を取り留めたものの
復帰までに時間を要し、損失は計り知れないです。

柊峠を目指します

その後コースは、湯ノ花から野間中を経て野間峠、
余野から清阪峠、東別院、二料経由で帰洛しました。

栗の花が咲いて季節を感じます

野間峠を越えて

豊能町と茨木市の境にある峠にて

銭原に向かって峠を下ります

清阪峠を目指します

二料から田能をめざします

田能へは緩斜面の登りが続きます

二料山荘を通過します

 

集団のペースが速く、ついて行くのが精一杯です

つつじヶ丘から9号線に合流します

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA