5月21日(月)ツアー・オブ・ジャパン 第2ステージ京都 マーシャル報告

今日は好天に恵まれ、ツアー・オブ・ジャパン 第2ステージ京都大会が

京阪奈丘陵、精華町、京田辺市で開催されました。

現地には7時30分に集合。
ミーティングして持ち場に移動します。

今年度は東京ステージまでの8戦が開催。

昨日の第1戦に続いて、2戦目が京都大会となります。

最初の周回では様子見の展開に。
それでも下りは道幅一杯に広がります。

コースは1週16.8㎞を6周回半、105㎞のコースで競われ、

海外8チーム、国内8チーム、計16チームが参加し、

選手96名とサポートカーがコースを疾走。

サポートカーはもちろん、オートバイも競技を助けます。

コース全体を約50名のマーシャルが協力し、

地元ボランティアスタッフ、地元消防団、委託された

ガードマン各社が分担して競技を支えました。

また、チームからは4名がマーシャルに協力しました。

地域の事業所には開催前に挨拶をします。ご迷惑おかけします。

担当箇所では、事業者車両が出入りし、臨機応変に対応します。

交通規制は、規制開始車と規制解除車の通過で決定され、

その間に事業者の車を誘導します。

おかげさまで大きなトラブルもなく、競技は無事に終了しました。

先頭集団が形成され、逃げに徹します。

その後に集団が追走します。

最後に振り返りミーティングをして解散しました。

協力頂いた皆様方にはこの場をお借りして御礼申し上げます。

色々とありがとうございました。

 

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA