2月3日(日)関西シクロクロス2018~2019大会「千秋楽」桂川緑地久我橋東詰公園大会、前日準備、当日運営の報告

2月2日(土)3日(日)は関西シクロクロス、2018~2019大会、

第8戦「千秋楽」桂川緑地久我橋東詰公園大会が開催され、

900名を越える参加者で大盛況となりました。

駐車場は満車状態。
多くの参加者で賑わいます。

トーヨーCTからは選手として4名が参加、

また、前日準備に5名、当日運営に5名が参加しました。

前日は午前9時、コース設営担当でミーティングを行います。

段取りとして、①設営図を元に杭を置く

②杭の先端部分を目印として杭を立てる

③置いた場所に木槌で杭を打つ

④杭伝いにコーステープを取り付ける

以上の手順で取り組みました。

今回、地域を二分し「北地区」「南地区」に分かれ

コースを設営しました。

前日は好天に恵まれ、コース設営もはかどりました。

草刈り機を導入。エンジンのかけ方が分からず四苦八苦。

コース設営とは別にスタート地点、招集場所の準備も行います。

設営が終わると、選手の試走が始まります。

当日、駐車場係は6時30分に集合。配置について車を誘導します。

マーシャル(立哨)は7時に集合。全体ミーティングを行います。

本部役員、全体ミーティング。それぞれの分担を認識します。

当日の選手試走は7時30分から8時25分まで。

8時30分からレース開始、それぞれのカテゴリーで競います。

シケインを設け、選手は降りて担ぎます。

西原さん、頑張れ!

杜若さんは、泥プロ選手として参加です。

時折日射しが照り、暖かくなりました。

遠景に西山連山が望めます。

ブースでは朝ご飯も提供。
美味しゅうございました。

それぞれのお店も出店され、美味しゅうございました。

今回、参加者数が900名を越えたため、お昼休みは短く、

慌ただしくお弁当を頂きます。

午後はミドルコースにコースを換え、試合が再開です。

この斜面を乗り越えるのが大変です。

前の選手が停止すると、後続も停止です。

頑張れ!西原Jr.

C1クラスは、身体能力が高く、走破技術も長けています。

言葉にならないくらい速いC1です。

CL1も速いです。

惰力を生かして登ります。

頑張れ東さん!

片付けは設営に比べ、アッという間でした。

3時過ぎから雨が降り始めましたが、片付けはみんなで行い、

トラックに段取り良く収納します。

どのように上手く収納するか、腕の見せ所です。

早朝から、運営に参加頂いた皆さま、大変ご苦労様でした。

トーヨーサイクリングチームは、ロード部会と並び、

シクロクロス部会もあり、大会運営をサポートしています。

少しでも自転車スポーツの裾野が広がることを願っています。

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


最近のコメント

  • FAQフジタ より
  • FAQTOYO-RT より
  • FAQ野村 義雄 より
  • FAQ加藤 より
  • FAQケーティー より